猫目新聞

全人類は猫に支配されているニャ

    スポンサードリンク

    カテゴリ: 猫ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: rain ★ 2016/11/02(水) 17:42:47.42 ID:CAP_USER9
     ブロックにちょこんと座る猫のオブジェ=大阪府高石市
     no title

     にらめっこする猫とカメのオブジェ=大阪府高石市の鴨公園
     no title


     大阪府高石市役所そばの鴨公園(同市西取石)に本物そっくりの猫のオブジェがある。
    ほかの動物をかたどったオブジェも設置されているが、猫だけはリアルそのもので、今にも動き出しそうだ。
    道行く近所の人たちは見慣れているが、最初は驚いたという。公園を管理する市はこれまで特にアピールしてこなかったが、担当者は「何らかのPRも考えたい」と話す。

     動物のオブジェがある一帯は、「水と緑の散歩道」として市が平成9年度に整備した。
    当時のパンフレットによると、水深約10センチの水路を120メートルにわたって通し、その周りを動物たちのオブジェが囲んでいる。
    アライグマやカワウソ、ウサギなどが配置されているが、塗装がはがれたこともあって、すぐにつくりものと分かってしまう。

     しかし、猫をかたどった2体のオブジェは違う。

     1体は水路のそばで、小さなカメのオブジェと、にらめっこをしている様子をかたどったもので、ユーモラスな場面が生き生きと表現されている。
    もう1体はブロックの上にちょこんと座った姿で、遠目からは本当の猫がいるように見える。2体は高さ約30センチと約25センチで、大きさは本当の猫と同じだ。

     公園を通りかかった近くの主婦、岡智美さん(38)は「初めて見たときはびっくりした。今でもしばらくこのあたりを通っていないと、本当の猫と勘違いすることがある」と打ち明ける。
    毎日散歩で公園を通るという近くの70代の無職男性も「最初見たときは生きていると思った。よくできている」と感心した。

     公園を担当する市土木公園課によると、動物のオブジェは屋外美術会社が制作。
    つくられた当時は毛並みなども表現され、市民からは「リアルすぎて気持ち悪い」という声もあったというが、塗装がはげ落ち、猫などのほかは、本物らしさは薄れている。

     同課の井上光樹主事は「私も初めて見たとき本当の猫と思い、市民からもリアルだという話は聞いていた。
    公園に猫のオブジェがあること自体珍しい」と話す。石川輝之土木部長は「全体として、だいぶ塗装がはげているので、補修を検討するとともに何らかのPRも考えたい」とし、
    「一帯は散策路になっており、ウオーキングの人が増えてくれれば」と期待する。

    http://www.sankei.com/west/news/161102/wst1611020028-n1.html
    2016.11.2 09:27

    【本当の猫か!リアルすぎるオブジェにびっくり…大阪・高石市がPR検討へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 朝一から閉店までφ ★ がんばれ!くまモン!©2ch.net 2016/11/02(水) 15:39:13.25 ID:CAP_USER
    Text by 大航海
    Facebook/Keli Keningau Prayitno
    no title

    亡くなった飼い主のお墓から離れず、その場に住み続けている猫がインドネシアで話題となっている。

    毎晩、お墓のそばで眠る猫

    そんな猫を見つけたのはKeli Keningau Prayitnoさん。彼は中部ジャワ州にあるお墓の近くを通りかかった時、墓石に横たわり鳴いている猫の声を聞きつけたという。

    Keliさんはその猫が捨てられたと思い、家に連れ帰って世話をしたが、気がつけば再びお墓へと戻っていたそうだ。

    それから彼は毎日、猫がお墓のそばにいるのを目撃。毎晩、その場で眠っていることも明らかとなる。

    no title

    数時間だけお墓を離れることも

    猫を観察していると、数時間だけお墓を離れることが発覚。

    Keliさんが追跡すると、猫はある家に入り、住人から食事を与えられていたことが判明した。

    そこで数時間過ごした後、猫は歩行を開始。再び飼い主だった女性のお墓に戻っていったという。

    それ以来、猫は1年近くもお墓のそばで暮らし、食事の時間以外はその場を離れず、墓石に鼻を擦り付けたり、背中をつけて寝転んだりしながら過ごしているそうだ。

    no title

    no title


    亡くなった女性が判明する

    Keliさんがその後調べた結果、猫の飼い主はKundariさんという高齢の女性で、やはり既に亡くなっており、あのお墓の下に眠っていることが明らかとなる。

    生前、Kundariさんは猫が食事の時に戻っていく家に住んでいたとされ、食べ物を与えていた現在の住人は彼女の子供だという。

    KeliさんはDailyMailの取材に対し「猫はいつもお墓に戻り、そこで眠りにつくのです。その姿を見るのはとても寂しいです。それは猫と飼い主がどれほど親しい関係にあったのかを物語っています」と語っている。

    no title


    亡くなっても飼い主を慕う猫。2人は本当に強い絆で結ばれていたに違いない。

    出典元:Heartbroken cat misses her dead owner so much she has spent a year living on her GRAVE in Indonesia - DailyMail(10/31)
    出典元:Heartbroken cat spends YEAR living by dead owner's grave - Mirror(11/1)
    Posted: 11/02/2016 06:30 am|Updated: 11/02/2016 06:30 am
    Text by 大航海

    http://irorio.jp/daikohkai/20161102/361541/

    【会いたいよ…亡くなった主人のお墓のそばで1年間も暮らし続ける猫が話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ニュース生放送中、机の上に子猫が迷い込む

    1: バーニングハンマー(家)@\(^o^)/ [FR] 2016/10/20(木) 17:22:32.77 ID:jwrcKeDD0 BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    「座り心地良さそうなPCじゃニャいですかー!」 トルコのニュース番組に猫が乱入 のびのびとくつろぐ
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1610/19/news140.html
    https://youtu.be/CSAd16MFg18



    トルコのローカルテレビ局「デニズリ・ラジオ・テレビジョン(DRT)」の生放送中に猫さまが乱入しました。
    スタジオでのびのびとくつろぐ猫の様子と、事態をありのまま受け入れるキャスターの達観した態度がちょっぴりシュールです。

    放送事故(?)があったのは10月18日の朝の報道番組「グッドモーニング・デニズリ」。
    一見普段と変わらぬ様子のスタジオでしたが、空席のはずの椅子からひょっこり何者かの耳が見えたかと思うと、どこかから侵入した野良猫がそのままシュタっと机の上へ。

    猫の気配に気づいたキャスターは「本日はスタジオにスペシャルゲストが来ています」と一言フォローを入れて、そのまま何事もなかったかのようにニュース原稿を読み続けるプロ根性を発揮。
    猫はその後、座り心地の良さそうなノートPCを見つけると我が物顔でキーボード上に鎮座していました。

    実はトルコは愛猫家が多いというお国柄。野良猫も地域住民に大切にされていることが多く、同番組では猫が机に乗ったところで
    「もうすぐ冬なので、外の動物たちが凍えないよう、餌をあげたり手を差し伸べるようにしましょう」と注意喚起をする一幕もありました。
    朝から和む要素しかない……! なお、乱入した猫さまは同番組のスタッフが飼うことに決めたとのことです。

    【【動画】ニュース生放送中、子猫が迷い込みPCの上でくつろぐ事案発生】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: rain ★ 2016/10/13(木) 17:06:11.85 ID:CAP_USER9
    こんな風に靴下をセーターみたいに着ているかわいい子ネコを見たら、誰しもメロメロになってしまうはず。
    ハリケーン「マシュー」が吹き荒れる中、救助されたネコだと聞けばなおさらだろう。

    飼い主のロドリゴ・グレコさんがこの子ネコと出会ったのは、ノースカロライナ州ローリーのペット用品店。
    店内を2人の子どもを連れてぶらぶらしていると、店員からネコを引き取る気はないかと声をかけられたという。
    グレコさんによれば、「『うーん、どうかな。でもどうして?』と答えた」という。
    しかし、子ネコを一目見て、グレコさんは家に連れて帰ろうと決心。妻にも見せると、後はとんとん拍子に話は進んだ。
    ここまでならよくある話かもしれない。だが、たまたま店に買い物に来ていた別の女性客がこのかわいらしい姿を写真に撮り、それをツイッターに投稿したことで、ネットで大きな話題となった。

    「靴下のセーターを着た子ネコを見て、自分も引き取りたかったと思う人がいたら、ぜひ地元の保護施設を訪れてほしい」と投稿した女性はCNNに語った。
    「家のない犬やネコが今も大勢いて、あなたに会いたがっているから」
    冒頭の子ネコはパイプスという名前をつけてもらい、グレコ家の愛犬アメリーともすっかり仲良くなった。
    「ハリケーンで悲しい話が続いたから、みんなハッピーエンドの話を聞きたいんだ」とグレコさんは言う。

    no title

    no title

    no title

    http://www.cnn.co.jp/fringe/35090456.html

    【「靴下セーター」の子ネコ、ハリケーンを生き延び無事に保護 ノースカロライナ州】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    52: 猫好きな名無しさん 2016/09/30(金) 20:53:04 ID:fZUr.QgY0
    戦乱のシリアで、命がけで猫たちのお世話を続ける「アレッポの猫男」

    「アレッポの猫男」として知られるMohammad Alaa Aljaleelさん。

    no title


    アレッポの街は、4年間に及ぶ戦争のため、非常に荒廃しており、
    モハンマドさんの知り合いたちも、みんな危険から逃れるために
    街から出ていってしまいました。

    【戦乱のシリアで命がけで猫たちのお世話を続ける「アレッポの猫男」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 朝一から閉店までφ ★ がんばれ!くまモン!2016/10/05(水) 11:24:03.28 ID:CAP_USER9
    Text by さえきそうすけ
    no title

    トルコ・イスタンブールで市民に愛されるニャンコをご紹介したい。

    Ziverbey という地区で暮らす、「Tombili」という名の猫である。
    no title

    ■独特のポーズで人気を博す
    Tombiliがなぜ人気者なのか、わざわざ説明する必要もないだろう。この貫禄たっぷりの体つき、そして何よりこの態度!
    縁石に片肘をついたそのくつろぎ方は、まるで人間のオッサンのようではないか。
    彼は街のマスコットとして、皆に愛されてきた。



    ■この夏死を迎える
    しかし今年8月、Tombiliはその生涯を閉じた。
    もうあの丸々と太ったオッサン、否、猫を拝めなくなった街の人たちの悲しみはいかばかりか。
    街には、Tombiliの死を悼むチラシが貼られたほどである。



    ■銅像建てられる

    しかし、彼ははわずか2か月で蘇った。もっとも「銅像」としてではあるが。
    多くの住民たちの声に応え、街がTombiliが生前くつろいでいた場所に銅像を作ったのだ。

    それがコチラ。

    no title

    在りし日のTombiliと比べてみるとこのとおり。

    no title

    ちょっぴりスリムになったようにも見えるが、その愛らしいポーズは相変わらずである。

    no title

    くだんの銅像は今月4日の「世界動物の日」に公式に披露された。

    早速、食べ物や飲み物が供えられたり、

    no title

    仲間のニャンコが挨拶に訪れたりと、

    no title

    銅像になっても依然大人気のTombiliである。

    出典元:Beloved neighborhood cat honored with statue in his likeness - Mashable(10/4)
    出典元:Iconic Laid-back Cat Immortalized with His Own Statue at His Favorite Spot - lovemeow(10/3)
    出典元:Famous Cat Honored With His Very Own Statue - The Dodo(10/3)
    Posted: 10/05/2016 11:00 am|Updated: 10/05/2016 11:00 am
    Text by さえきそうすけ


    http://irorio.jp/sousuke/20161005/355350/

    【オッサンみたいなポーズでくつろぐ人気者の猫が銅像として蘇る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    17: 猫好きな名無しさん 2016/09/14(水) 19:52:41 ID:AWG4tNqU0
    ロンドンのある地下鉄の駅が猫の写真でいっぱいに!

    ある朝、ロンドンの地下鉄の乗客は、クラパム・コモン駅のすべての
    広告が猫の写真に取って代わられていることに気づいて、驚きました。
    改札口も、エスカレーター横のパネルも、通路のポスターも、68ヶ所
    あった広告のすべてがです。

    no title

    【ロンドンのある地下鉄の駅が猫の写真でいっぱいに!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 朝一から閉店までφ ★ がんばれ!くまモン!2016/09/20(火) 19:43:26.23 ID:CAP_USER9
    Portraits of an Animal Shelter
    no title


    保護されて愛護団体に運ばれてくる動物たちの中には、厳しい境遇に生まれた子たちもいます。

    猫のドーラとフェリックスもそんな中の2匹。

    【生まれつき「まぶた」がなかった子猫たち】

    どちらも、まぶたがない状態で生まれたようなのです。
    2匹は生後5週間のとき、オーストラリア・ブルーマウンテンで保護されました。

    RSPCA Dubbo Adoptions & Foster Care / Facebook
    no title

    no title


    保護したカップルは、2匹の様子がおかしいことに気づき、地元の動物保護団体RSPCAに連れて行ったそうです。
    そこで、生まれつきまぶたがないことが判明。
    手術をしなければ1年以内に失明するという状態でした。

    【8時間にわたる手術が成功】

    2匹が6か月になると、動物の眼科医による手術が行われました。
    8時間にわたる手術は見事に成功し、2匹にまぶたが!

    Portraits of an Animal Shelter / Facebook
    no title


    このまぶたは唇の細胞を移植したのだそうです。

    【元気になって家族を募集中】

    9か月になった2匹は完全に元気になり、新しい家族を待つ準備が整ったといいます。
    ドーラは勇気があってとても賢い女の子。
    陽気な性格で、可愛がってもらうこととおもちゃが大好きだそう。

    Portraits of an Animal Shelter / Facebook
    no title


    フェリックスは愛情表現豊か。大きな声でゴロゴロと鳴く甘えん坊のようです。

    Portraits of an Animal Shelter / Facebook
    no title


    厳しい日々をきょうだいで耐え抜いた2匹ですから、RSPCAでは、できれば一緒に引き取ってもらいたいとしていますが、1匹ずつでも大丈夫とのこと。

    素敵な家族ができるといいですね。

    Portraits of an Animal Shelter / Facebook
    no title

    no title


    Posted: 09/20/2016 07:20 pm|Updated: 09/20/2016 07:20 pm
    Text by 広元 晶

    http://irorio.jp/umishimaakira/20160920/352670/

    【生まれつき「まぶた」のなかった子猫の手術が成功!回復後のまなざしが可愛い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: むぎとろ納豆 ★ 2016/09/15(木) 01:30:04.94 ID:CAP_USER9
    環境省と宮崎県は14日、特定外来生物のスウィンホーキノボリトカゲが県内で初めて捕獲されたと発表した。
    国内では静岡県磐田市で繁殖が確認されているが、それ以外の地域での確認は初めてという。
    8月に外来生物法に基づき特定外来生物に指定されたばかりで、県は環境省と連携して調査を始める方針。

    宮崎県によると、8月18日と同28日、同県日向市の住民の飼い猫が、家にトカゲをくわえて帰ってきたという。
    県に持ち込まれ、特定外来生物と判明した。

    このトカゲは台湾原産で、体長は20~30センチほど。
    人体に危害を加えた報告はないという。
    アリやチョウなどを捕食するため、在来種の昆虫への影響などが懸念されている。(土舘聡一)

    ソースに写真あり
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000005-asahi-soci

    25: 名無しさん@1周年 2016/09/15(木) 01:45:36.76 ID:H5Fqlyyz0
    画像貼らないと 

    捕獲されたスウィンホーキノボリトカゲ=宮崎県提供 
    no title

    99: 名無しさん@1周年 2016/09/15(木) 07:18:24.72 ID:bHKJ6+Yl0
    >>25 
    こんなのくわえてきたらビビる

    130: 名無しさん@1周年 2016/09/15(木) 10:54:42.32 ID:U/bqYnwv0
    >>25 
    思ったよりエイリアン

    48: 名無しさん@1周年 2016/09/15(木) 02:38:54.30 ID:vtk74HPN0
    >>1 
    no title

    欲しいのは、こっちの画像じゃない(´・ω・`)

    【【猫】特定外来生物のトカゲ、飼い猫がくわえてくる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    イタリア地震から15日、がれきの下からネコ救出

    1: 朝一から閉店までφ ★ がんばれ!くまモン!2016/09/09(金) 16:49:28.18 ID:CAP_USER
    2016年09月09日 13時13分 TBS
    先月24日、地震に見舞われたイタリア中部の町アマトリーチェで8日、がれきの下から顔を出したのはネコです。
    地震で閉じ込められていたとみられ、2週間ぶりに救出されました。

    ネコは、助けようとした消防隊員の手をひっかこうとするなど元気はあるようですが、脱水症状に加え、あごの骨を折っているということで、点滴を打たれながら動物病院へ運ばれて行きました。(09日10:24)
    https://news.nifty.com/article/world/worldall/12198-68615/

    【イタリア地震から15日、がれきの下からネコ救出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ 999b-6S8l) 2016/09/04(日) 14:26:23.87 ID:CAP_USER9 BE:348439423-PLT(13557)
    埼玉県こども動物自然公園(東松山市岩殿)に、ロシアの
    ノボシビルスク動物園から2歳の雄のマヌルネコ1匹が送られ、
    3日、公開された。希少動物のマヌルネコは、同園で既に
    3匹飼われており、計4匹になった。

    *+*+ 毎日jp +*+*
    http://mainichi.jp/articles/20160904/k00/00e/040/170000c 

    15: 名無しさん@1周年 (ワッチョイW f3a9-RETc) 2016/09/04(日) 14:57:00.27 ID:vfbtzXcH0
    >>1 
    埼玉の動物園、ロシアの動物園から来たマヌルネコを一般公開 | Cat Press 
    http://cat-press.com/cat-news/saitama-kids-zoo-pallas-cat 

    no title


    no title


    no title


    no title


    no title


    no title

    16: 名無しさん@1周年 (スッップ Sd77-RETc) 2016/09/04(日) 14:58:11.16 ID:IOQJq8Aqd
    >>15 
    絶妙にブサカワイイ

    【埼玉県こども動物自然公園にロシアからマヌルネコが“婿入り”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 坊主 ★2016/06/05(日) 15:43:50.22 ID:CAP_USER
    引用元:毎日新聞 2016年6月5日 地方版
    http://mainichi.jp/articles/20160605/ddl/k29/040/336000c

     大和郡山市の旧城下町「やなぎまち商店街」にある「猫窓」が評判だ。
    同市柳4の廣瀬由香さん(44)の飼い猫5匹が暮らす空き家の窓の内側に、夫彰胤(あきつぐ)さん(53)が棚を設置。
    寝そべったり、なめ合ったりする姿が「可愛い」「癒やされる」と人気を呼んでいる。

     「なな」「こてつ」「あすか」「ちゃー」「ゆうこ」の5匹。
    ゆうこ以外の4匹は2002年4月、安堵町で当時暮らしていた由香さんが段ボールに入った捨て猫のきょうだいを拾って育て、現在14歳。
    「ゆうこ」は勤め先に迷い込んだ猫で18歳くらい。

     廣瀬さん夫婦は5年前商店街沿いの夫の実家に引っ越し、猫は物置代わりの近くの空き家で暮らし始めた。

     すると、猫たちの魅力に商店街の店主らが注目。廣瀬さんの了解を得て、窓枠をテープで装飾。
    5匹の名前と写真を載せた紙、「五猫に出会えたら 大吉」などと書かれた「猫神籤(みくじ)」も窓に張り出した。

     猫が生活するのは、棚とソファがある窓際の部屋と、その奥の一部屋。
    体重13キロという雄「あすか」をはじめ日中は窓際でまどろんでいることが多いが、時に仲良く体をなめ合ったり、道行く人を眺めたり。
    運が良ければ、5匹が窓際にそろう姿に出合える。

     猫神籤など話題作りも功を奏し、城下町巡りで「猫窓」に立ち寄る観光客が増え、餌を置いていく人もいるという。
    散歩で「猫窓」前をいつも通る30代の女性は「毎日癒やされています」と笑顔を見せる。

     既に老境に入った猫たち。由香さんは「いつまでも元気で、皆さんに長く楽しんでもらえれば」と話している。【熊谷仁志】

    「猫窓」から猫の様子を見守る廣瀬由香さん=大和郡山市で、熊谷仁志撮影
    no title

    運が良ければ、窓際に5匹が並ぶ姿が見られる=2016年1月13日、熊谷仁志撮影
    no title

    【【奈良】癒やしの「猫窓」が評判 空き家に5匹のんびり 「猫神籤」など話題作り奏功 大和郡山市・やなぎまち商店街】の続きを読む

    このページのトップヘ